仮想化基盤の概要と例

仮想化とは、実際の物理的な構成とは異なるもののように見せかけて動作することです。

たとえば、物理的には一台しかないサーバを、複数台存在しているかのように複数のシステムで利用したり、逆に異なる物理的位置にあるリソースを統合したり、物理的な実装とは異なる外部インタフェースを生成することです。

基盤とは、「インフラストラクチャー(infrastructure)」、略して「インフラ」のことを示し、サーバ、ネットワーク、OS、ミドルウェアなどITシステムに欠かせないベースとなるものを示します。

なので、仮想化基盤とは、サーバ、ネットワークなどのインフラを物理的実体と異なる形に見せかけて利用することを意味します。

仮想化基盤の例としては、OSの仮想化として、異なるOSのアプリケーションをあたかもそのOS上で動いているかのように見せかけることも含みます。

ニュータニックス情報を参考にしましょう。

これにより、サーバのレンタル料や契約の問題で、サーバ本体を手放しても、既存のアプリケーションを別のOSのサーバにて今まで通り動かすことができます。

待望の産経ニュース情報なら、こちらをご参考にしてください。

また、サーバの仮想化としては、一台のサーバに複数のサーバOSを動かすことにより、あたかも複数台サーバがあるように利用することもあります。



複数のアプリケーションに仮想化したサーバをそれぞれ一台ずつ割り当てたり、一台のサーバでデータベースサーバ、Webサーバといくつもの役割を持たせることです。

アプリケーションを安定稼働させるには一アプリケーションに一サーバが望ましいのですが、サーバ本体を何台も用意すると当然コストがかかります。

仮想化基盤によって、一台のサーバで複数のサーバの役割を賄うことにより、コストを抑えることができます。

Copyright (C) 2015 仮想化基盤の概要と例 All Rights Reserved.